日立が新しいエレベータを開発 建築トラックバックビルディング

2006年03月03日

日立が新しいエレベータを開発

生活お役立ち無料レポ進呈中♪
観覧車のように多数の乗りかごが循環、日立がエレベータ新駆動技術


これは、凄い技術ですね。
これが一般的になると超高層ビルの設計にも良い影響がでますね。
だって、スペースが有効に使えますね。

日立製作所・・・偉い!

まだ、実用には時間がかかるようです。。。。



日立製作所は3月1日、エレベータの輸送力を向上する新技術として、
循環式マルチカーエレベータ」の基本駆動技術を開発したと発表した。

通常のエレベータ2基分の昇降路内で多数の乗りかごを
循環させて運行する方式で、
輸送力を保ったまま昇降路面積を最小化し、
ビルのオフィス/住居スペースを広げられるという。



循環式マルチカーエレベータは、
上昇専用と下降専用の2つのエレベータ昇降路を、
最上階と最下階でつなげてリング状の昇降路を形成する。
内部では6〜8台の乗りかごを数珠つなぎにし、
外部に設置したモーターを使って観覧車のように循環させる。


もっとも、ワイヤーロープの正反対の位置に2つの乗りかごを接続し、互いの重さのつり合いをとる必要はある。このため1台の乗りかごが止まると、反対側にある1台だけは必ず止まる。日立は、この点について「オフィスビルで最も輸送力が必要とされる朝の出勤ラッシュ時には、下降側の乗りかごに乗客が乗ることはまれで、輸送力には大きな影響を与えない」と説明している。


提供:nikkeibp.jp編集
www.nikkeibp.co.jp 




このエレベータは乗りかごの停止頻度を低減して、
昇降路面積あたりの輸送力を従来の2倍以上に向上できるようです。


今後は、同技術の実用化に向け、改良を進めていくようです。
建築基準法との兼ね合いもこれからでしょう。


これが発売されると
エレベータの待ち時間のストレスも
なくなりますね(笑)


これから、一級建築士を目指す人。
これは、重要項目です!

オフィスビルで最も輸送力が必要とされるのは。。。。
朝の出勤ラッシュ時です。

これで、エレベーターの台数が決まります。

試験にでるかもよ(笑)

posted by architecture-tb-building at 07:11
| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築・インテリアニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。