ル・コルビュジエとはだれか 建築トラックバックビルディング

2004年11月14日

ル・コルビュジエとはだれか

生活お役立ち無料レポ進呈中♪
ル・コルビュジエとはだれかのレビュー

ル・コルビュジエとはだれか
ル・コルビュジエとはだれか
磯崎 新 (著)
価格: ¥1,943 (税込) この商品は国内配送料無料でお届けします!

ブックレビュー社
著者のル・コルビュジエに関する論文やエッセイを一冊にまとめ,さまざまな視点から彼の実像を再考する
日本を代表する建築家として多くの著書を発表してきた氏の,ル・コルビュジエに関する論文やエッセイを一冊にまとめた。収録されている文章のなかには,30年以上昔に出版されたものもあるが,著者は本書で「ル・コルビュジエの建築についての私の視点は,すべてここに現れていて,まったく変更されていないことに,われながら戸惑っている」と述べる。実際に建物を訪れた体験とル・コルビュジエ本人の著書だけを参照して書いたというこれらの文章では,一貫して建築空間の持つ神秘的な雰囲気とエロスが強調されている。
著者はまた,ル・コルビュジエの建物と人生は,数多くの研究所によって解剖され,切り刻まれて,その全体像が見えなくなってきたと指摘する。本書では,ル・コルビュジエが記した旅のスケッチノートについてのエッセイ,97年に開催された国際シンボジウム「世界の中のル・コルビュジエ - ル・コルビュジエと日本」での講演,写真家の篠山紀信氏との建築行脚などを通して,さまざまな視点からル・コルビュジエの実像を再考する。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)


内容(「BOOK」データベースより)
画家・彫刻家・都市計画家・著術家・装飾家・建築家…ル・コルビュジエは生きている。世界的建築家イソザキアラタは近代建築の巨匠ル・コルビュジエから何を啓示されたのか。30年以上にわたる著作の軌跡を辿りながら、そのコルビュジエ体験の真髄と愛着の原像を余す所なく収録。写真・二川幸夫。

posted by architecture-tb-building at 02:12
| TrackBack(0) | 建築・インテリア関連書籍情報
この記事へのトラックバック
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。